Counter 福田実の本気−魂の素手ゴロ−
福田実の本気−魂の素手ゴロ−
fukuda_minoru_1963@yahoo.co.jp
 NEW:2016.01.15

35歳で倒れた時の正確な年収は上場の為全社ボーナス2割カットがあったので 年収1,463万5,508円。18年前の12月20日に倒れたので経理上は丸16年計算に なる。ここまでペン一本で稼いだのは1億2,911万4,127円(税込み)平均年収 806万9,632円、平均月収67万2,469円だ。倒れる前の魂分はキッチリ稼いだ。 今日本で純資産5億円以上は5万2,000世帯。俺様が倒れなければ10億円稼げた。 しかしキッチリ10億円ぐ。有言実行100%軍資金1億円まで残3,035万円。 タケウチ、Hさん御見舞い本当にありがとうございます。又クボタさん連絡本当に ありがとうございます。御待ちしております。公約通りに基金口座はカンパとして裁判と 裁判経費使用。JPとキャッシュは御見舞いとして養育、経費、生活費として使用 しています。買って頂いたベンツも5年乗らせて頂きました。又ガラス張りの会計 報告致します。常に名前と顔を出し「正々の陣、堂々の旗」そして公約通りに有言実行 100%既に「白い巨塔」も「下町ロケット」も超えている。ドラマ、映画化、バッチリOK、 全ての証拠もOK、後は軍資金残3,035万円だけ。夏までにキッチリ集める。 全力応援頼むな!!

全世界に発信する再審理由書
下記2点から製薬会社訴訟再審申請する。全員が最高裁判事となって判断しろ。
(1)「PL法におけるスタチン剤の欠陥」 日本では25年前に欧米の「八つのくじ引き試験結果」を 元にスタチン剤が導入されたが、導入時から「心疾患のある患者のみ」1,000人に1人しか 延命効果がなかった。「一般の既往症のない患者」には全く効果がなく、それが分かっていて 製薬会社は導入した。その結果として国内のコレステロール治療のデタラメさが次々と露見した。 ‘本動脈硬化学会は「コレステロール高値」でスタチン剤治療を開始。。しかし基準値内でも 心筋梗塞は減らなかった。△修亮,LDLコレステロール値(悪玉コレステロール)、 HDLコレステロール値(善玉コレステロール)でスタチン剤治療。しかしここでも基準値内でも 全く心筋梗塞は減らなかった。その次にLH比(LDLをHDLで割り2.0以上)をスタチン剤 治療した。これも基準値内でも全く心筋梗塞は減らなかった。 ず膿啓N鼎任「酸化悪玉コレステロール値100以上で異常とした」(MDA-LDL検査) しかしこれもスタチン剤は全く効果がない。世界的な背景として以上の結果から コレステロール神話は終焉を迎えた。
1913年、今から102年前にロシアで「草食動物のウサギ」に「動物性脂肪の餌」を与え、 血管にコレステロールを付着させ「コレステロール神話」を作った。しかしそもそも「草食動物」は 「動物性脂肪」の餌は食べない。これは臨床医学学者達の「作為実験」でここでコレステロールは 悪いとした。現在では2013年アメリカ心臓病学会(ACC)、心臓協会(AHA)は 「悪玉LDLコレステロールを下げても心筋梗塞など心血管疾患が治療改善される根拠はない」 と発表。そして更に「悪玉LDLコレステロールは血管炎症を修復する為に集まっていた」と 解明された。そして2015年2月19日「アメリカ厚生省」と「農務省」が発表。 「食事によるコレステロールの摂取と血清コレステロールの値に因果関係なしと実証」、 それを受け2015年「日本厚労省」は「食事中コレステロールと血中コレステロール値の 相関なし」と発表。2015年5月1日「日本動脈硬化学会」も「厚労省発表に賛同を発表」、 スタチン剤が全く不用であった事が証明された。それどころか全世界で800万人から 1,000万人の患者が重症副作用になっている。最初から効果が全くないと 分かっていながら「三共」と「日本動脈硬化学会」は25年間も欠陥薬を売り続けた。 そのおかげで年間1万人以上累計25万人以上の患者が副作用で死んでいる。 まさしく「PL法の欠陥商品」である。
(2)「製薬会社訴訟、証拠と証言の虚偽」 始めに薬を守るために「ノイローゼストーリー ありき」で柳澤証言、証拠には沢山のカルテ改ざんが存在する。中谷証拠と証言にも 「厚労省マニュアル」の逆で薬を守るため沢山の「安全神話の当用虚偽」がある。 以上2点を私の「心筋データー」、「筋生検」を添えて再審申請する。
以上

福田実オフィシャルブログ「至誠通天」







リブロさん、本当にありがとうございます。心から感謝いたします。
今月は1日、15日にアップしています。

fukudaminoruをフォローしましょう

福田実著書 第一弾
「私は薬に殺される」(幻冬舎)



福田実著書 第二弾
「たった一人で国・薬害裁判に勝つ」(日本評論社)





◆祝・国訴訟勝訴◆
平成20年5月22日


◆祝・国訴訟控訴審勝訴◆
平成22年4月22日


◆製薬会社訴訟全面敗訴◆
平成22年5月26日 不当判決


◆祝・東松山市民病院訴訟和解成立◆
平成22年11月30日




福田実オフィシャルブログ「至誠通天」



Webマガジン幻冬舎
「たったひとりの薬害裁判」はこちら




■福田実メディアアーカイブス■
■2003年■
11月29日 日本経済新聞
11月30日 朝日新聞
12月 3日 毎日新聞
12月 6日 読売新聞
12月14日 朝日新聞
12月29日 中日新聞
12月29日 東京新聞
12月30日 北海道新聞
12月30日 西日本新聞
12月30日 静岡新聞
12月11日 週刊文春(文藝春秋)
■2004年■
1月 8日 毎日新聞
1月16日 週刊ポスト(小学館)
1月25日 北海道新聞
2月 6日 夕刊フジ(産業経済新聞社)
3月 ビジスタ( ソフトバンク )
1月17日 週刊東洋経済(東洋経済新報社)
2月24日 FRAU(講談社)
1月12日 KBC 「アサデス」(九州朝日放送)
1月23日 文化放送
■2007年■
4月 DOMINA
■2008年■
2月15日 日歯広報
11月 7日 東京新聞
11月13日 毎日新聞
11月13日 読売新聞
11月14日 朝日新聞
12月 6日 日刊現代
■2009年■
3月 1日 クレヨンハウス通信(クレヨンハウス)
■2010年■
2月 MEDICAL CONFIDENTIAL 集中
6月 MEDICAL CONFIDENTIAL 集中
(国訴訟 勝訴確定記事)
7月 医薬ビジランスセンター発行
「薬のチェックは命のチェック」39号
■2011年■
4月25日 月刊宝島(宝島社)
8月12日 別冊宝島1791号(宝島社)
■2012年■
10月20日 薬のチェックは命のチェック(医薬ビジランスセンター)
■2013年■
 6月24日 朝日新聞
 9月 5日 読売新聞

■2014年■
7月20日 薬のチェックは命のチェック55号(医薬ビジランスセンター)

■ 書 籍 ■
「間違いだらけの診察基準」大櫛陽一(太田出版)
「病気がイヤなら油を変えなさい」山田豊文(河出書房新社)
「庭を森のようにしたい13」 銀色夏生 (角川文庫)
「医者と薬にだまされない法」三好基晴 (幻冬舎)
「さげたらあかん!コレステロールと血圧」浜六郎 (日本評論社)
「どんな手段を使っても病気を治す」前山和宏(大空社)
「健康診断」の恐怖(宝島SUGOI文庫)
「くすりの害にあうということ」(NPO JIP)
「コレステロールに薬はいらない」浜六郎(角川oneテーマ21)



◆薬害副作用認定裁判支援基金◆

東和(とうわ)銀行 東平(ひがしだいら)支店
普通口座 3031070 薬害副作用認定裁判支援基金

JP日本郵政 郵政口座からのお振込
記号10340 口座番号73058301
銀行口座からのお振込
店名038 店番038 普通預金 口座番号7305830
口座名義人 福田実

※口座名義人について
東和(とうわ)銀行→薬害副作用認定裁判支援基金
JP日本郵政→福田実
になっております。お振込みの際はご注意下さい。


福田実の本気

Copyright © FUKUDA MINORU All rights reserved.
福田実 fukuda_minoru_1963@yahoo.co.jp