Counter 福田実の本気−魂の素手ゴロ−
福田実の本気−魂の素手ゴロ−
fukuda_minoru_1963@yahoo.co.jp
 NEW:2010.04.16


子供には、必要な養育費だけ残せばいい。後必要な事は、自立する為の親父としての後ろ姿。余計な金は要らない。だから俺は倒れてからの全てを本とサイトに全て残した。

2006年、1月。

拝啓

時下ますますご清栄のことと、お喜び申上げます。その節は闘病中の私に、励ましのお言葉本当にありがとうございました。男一人真実の証明の為、国を相手に戦っている裁判も3年目に突入しました。本の印税で丸2年ギリギリの生活を続け裁判戦ってきましたが、資金的に苦しい状況になっております。全国の支援して下さる皆様に裁判支援基金のお願いの為、本日連絡させて頂きました。真実の証明の為にご協力頂ければ幸いです。なお、本の続きはインターネットWebマガジン幻冬舎にて連載中です。ぜひ御覧下さい。闘病8年流動食でリハビリをし、今も命がけで戦ってます。ご協力よろしくお願いいたします。敬具

800通の葉書を出して集まった聖戦軍資金、174万7000円。

2007年7月、8月。

残暑お見舞い申し上げます。その節は国を相手にたった一人で真実、事実証明の為、戦う私に、応援支援本当にありがとうございました。お陰様で裁判まで5年、裁判5年で10月19日、第18回公判でやっと裁判結審になります。長い戦いでしたが、命懸けで戦う事が出来ました。本当にありがとうございます。全国の皆さんの応援支援により、国相手の裁判がやっと終り、今製薬会社相手の裁判もやっております。そして最後に、投薬した病院相手の裁判を年内に始めたいと考えています。国、製薬会社、病院を相手にした裁判は、勿論史上初めての戦いになります。つきましては福田実最後のお願いとして、最後の病院訴訟の費用を今懸命に集めております。どうか国、製薬会社、病院を相手に思い切り戦う為に、今一度最後のご協力をお願いしたく、失礼を承知で連絡させて頂きました。男一人で戦い、全国の皆さんの応援支援で国、製薬会社と二つ目までは戦えました。最後の病院訴訟も必ず勝ちます。軍資金の応援何卒お願いいたします。10年間の命懸けの戦い、どうにかここまで来る事が出来ました。子供と家族の為に最後まで思い切り戦わせて下さい。よろしくお願いいたします。 葉月

800通の葉書を出して集まった聖戦軍資金、196万円。

2008年6月 。

拝啓

ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。皆さんに応援支援頂き、去る5月22日、東京地裁にて国訴訟全面勝訴の判決が出ました。闘病10年。裁判5年。こんなに嬉しい事はありません。男一人国と命懸けて戦い、皆さんの応援支援で全面勝訴になりました。本当にありがとうございます。今、国の万が一の控訴と夏に始める最後の病院訴訟、軍資金不足分を必死で集めております。もし又無理の無い応援支援を頂ければ大変嬉しく思います。あつかましい御連絡で本当に申し訳ございません。次作本も夏に予定し、今毎日原稿の仕上げをしております。重ね重ねのお願いで大変恐縮ですが、国民、患者の命を守る大切な軍資金になります。今後とも宜しく御高配のほどお願い申上げます。ご報告方々お願いのご挨拶とさせて頂きます。敬具

200通の葉書を出して集まった聖戦軍資金。89万3580円。

2008年10月。

拝啓

ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。皆さんの応援支援により平成20年5月22 日国訴訟全面勝訴いたしました。本当にありがとうございます。お陰様で、男一人国と戦い勝った10年間を平成20年11月5日に「たった一人で国、薬害裁判に勝つ」(日本評論社)から続編を出版する事になりました。一冊目の「私は薬に殺される」(幻冬舎)を買って頂いた書店で御求め下さい。尚売り切れの際は日本評論社サービスセンター筍娃苅后升横沓粥升隠沓牽阿縫疋鵐疋鹵輅犬靴堂爾気ぁ8羔瓩の書店、インターネットでも注文OKです。宜しくお願いいたします。国訴訟は国が控訴して来たので、10月21日火曜日午前10時30分東京高裁424法廷にて、たった一回の控訴審が開廷されます。応援御待ちしております。大切な命を守る戦い、必ず国訴訟控訴審で確定させます。本来ならばお世話になった皆さんに献本したいのですが、出版不況により二冊目の初版は5000部スタートになり、印税も85万しかありません。ここまで延べ617人の方からお見舞い、カンパ支援を頂いており、全ての方に献本すると初版印税はマイナスになります。大変失礼ですが、二冊目の上梓案内を御礼に変えさせて頂きます。尚お見舞いカンパ支援頂いた方の御名前は次作本に感謝を込めて書かせて頂きました。今後とも御高配のほど宜しくお願いいたします。出版後読売新聞、朝日新聞には新刊案内広告を載せて頂きます。是非御覧下さい。

800通の新刊案内を葉書で出して集まったお祝い金206万2000円。

拝啓

ますますご清栄のこととお喜び申上げます。皆さんの応援、支援により大切な命を守る為に平成20年5月22日に国訴訟一審を勝つ事が出来ました。しかし、国は控訴して来て、更に2年間裁判は続きました。やっと来週4月22日に国訴訟二審の判決になります。今回も必ず勝ちます。大切な命を守ります。又、平行して行なっていた、製薬会社訴訟も3年間裁判を戦い、こちらもやっと来月、5月26日に判決になります。こちらも必ず勝ちます。更に市民病院訴訟も提訴し、来月5月11日が第9回公判になります。文字通り国、製薬会社、病院に必ず全て責任をキッチリ取らせます。只今、私は、福田実第三弾本、「国、製薬会社、病院に勝った男」を執筆中です。35歳で倒れて、長い長い地獄の12年間のリハビリをしながら皆さんの応援、支援によりここまで来れました。本当にありがとうございます。命ある限り必ず真実を証明する。その思いでここまで来ました。つきましては、最終最後の追い込みの為に、聖戦軍資金を集めてます。この国のふざけた薬害副作用認定をグローバルスタンダードな国際薬害副作用認定に確定する為に、無理の無い応援、支援を宜しくお願いいたします。まだまだ聖戦軍資金がかかります。金も協力者もなかった一人の男が、皆さんの本気の応援、支援により国、製薬会社、病院に全て勝つ最後の所まで来ました。必ず全て勝って、皆さんの命を守る事にもなる、当たり前の正しい薬害副作用認定を確定し御恩返しいたします。又いやらしい意味でなく、皆さんの本気の応援、支援は、第二弾本「たった一人で国、薬害裁判に勝つ」(日本評論社)同様、聖戦の碑として御名前を刻ざまさせ頂きたいと思います。宜しくお願いいたします。

聖戦軍資金振込み先

東和(とうわ)銀行東平(ひがしだいら)支店 普通口座 3031070 薬害副作用認定裁判支援基金 です。現在私は全身筋萎縮と戦い、出せない時は、痰の吸引器を使い痰を出していますので、長く話せません。御礼の電話等は今回は失礼させて頂きます。 敬具

「私は薬に殺される」(幻冬舎)「たった一人で国、薬害裁判に勝つ」(日本評論社)著者福田実

そして12年間の命と全財産を人生と夢を懸けた最後の仕上げとして、800枚の葉書を出す。

「渇すれど盗泉の水は飲まず」しかし、親父は戦う為の軍資金を正々堂々と何回も土下座して集めた。これが親父の後ろ姿だ。

4月22日。「法律は国民の生命財産を守る為にある」チーム福田がキッチリ真実を確定します。見に来て下さい。

クリエーターとは何だと思う。万人に認められる為に表現する事?いや違う。万人が共感する表現者だ。俺は世の中に認められる為に書いてるんじゃない。ただ子供と大切な人に伝える為に書いてる。本当の愛とは?万人に与える愛じゃないから。しかし、本当の愛の表現は万人が共感する。限りない自己表現こそが本当のクリエーターだ。裁判も本もトコトン極める。
以上

今月は2日・6日・12日・16日にアップしてます。


福田実著書 第二弾
「たった一人で国、薬害裁判に勝つ」(日本評論社)
平成20年11月5日 全国書店にて発売!





◆祝・国訴訟勝訴◆
平成20年5月22日(木)


◆国訴訟控訴審判決◆
平成22年4月22日(木)午後1時20分〜
東京高裁424法廷にて開廷!


◆製薬会社訴訟判決◆
平成22年5月26日(水)午後1時10分〜
東京地裁626号法廷にて開廷!


◆市民病院訴訟第9回公判◆
平成22年5月11日(火)午後1時10分〜
東京地裁・民事35部 書記官室にて開廷!





Webマガジン幻冬舎
「たったひとりの薬害裁判」はこちら



◆薬害副作用認定裁判支援基金◆

東和(とうわ)銀行 東平(ひがしだいら)支店
普通口座 3031070 薬害副作用認定裁判支援基金

JP日本郵政 
郵政口座からのお振込
記号10340 口座番号73058301
銀行口座からのお振込
店名038 店番038 普通預金 口座番号7305830
口座名義人 福田実

※口座名義人について
東和(とうわ)銀行→薬害副作用認定裁判支援基金
JP日本郵政→福田実
になっております。お振込みの際はご注意下さい。


福田実の本気

Copyright © FUKUDA MINORU All rights reserved.
福田実 fukuda_minoru_1963@yahoo.co.jp