Counter 福田実の本気−魂の素手ゴロ−
福田実の本気−魂の素手ゴロ−
fukuda_minoru_1963@yahoo.co.jp
 NEW:2009.06.21

【追加あり】

カワシマさん、聖戦軍資金、本当にありがとうございます。何時も感謝です。大切に使わせて頂きます。

市民病院訴訟、陳述書を公開します。尚、国訴訟、控訴審、製薬会社訴訟の陳述書は、代理人の先生に整えて頂き、全て提出しました。後は、市民病院訴訟と、国訴訟控訴審追加陳述書を提出し、俺の言いたい事をキッチリ全て堂々と主張します。 提出出来る内にキッチリ提出したいので、代理人の先生宜しくお願いいたします。

「市民病院訴訟陳述書」

東松山市民病院の医師及び薬剤師は、患者の命を、私の命をいったい何んだと思っているのでしょうか?ふざけんな。私は提出した投薬証明書の通りに、11年前、当時慎重投与、現原則禁忌の高脂血症剤、ベザトールとメバロチンを必要な副作用説明、確認、は全く無く、注意書説明書も一切渡されず、又慎重投与でありながら血液CPK検査も併用一年後からは全くされずに危険な薬を長期に渡り投与され続け、副作用に苦しみ、無駄な金を使い医療とは名ばかりな医療を受け、まるでモルモットにされました。今でも私の怒りは消えません。毎日、毎日増すばかりです。
当時35歳で、上場企業の管理職として働き、9歳、6歳、3歳の子供を抱えて健康になる為に飲んだ薬が、東松山市民病院の医師、薬剤師の怠慢な医療により私は人生と夢と収入の全てを失いました。プロとして当たり前の責任を果たさないふざけた医師、薬剤師に、テメーら甘ったれんな。全力で生きた俺の人生、夢、収入を返せと言いたいです。ぶん殴ってやりたい。
勿論、薬そのものの重症副作用は、製薬会社の責任もありますので、現在、製薬会社にも損害賠償請求もしてます。それに付随して、必要な副作用説明、確認、注意書説明書、必要な血液CPK検査のチェックをあいまいにした医師、薬剤師の薬の重症副作用幇助責任を当たり前に問いたいと思います。
東松山市の管理責任もあります。私の重症副作用発生の責任は、まず製薬会社にあります。そして、その重症副作用を発生させた東松山市民病院の医師、薬剤師にも、大切な患者の命を守るプロとして、幇助責任があります。その責任をキッチリ取って、当たり前に謝罪して貰いたいと思います。それが人間として、私の人生、夢、収入を奪った者の当たり前の責任じゃないでしょうか?何の為の医師、薬剤師免許でしょうか。
重症副作用発生の幇助責任は絶対に免れない行為です。命の大切さを忘れ、ただ薬を出していた医師、薬剤師に、一人の人生、夢、収入、11年間の大切な時間を奪われた男の無念を思い切りぶつけます。まだまだ私の地獄のリハビリは続くのです。家族と私の心配や不安、ストレスは大変なものです。親父として、子供や家族も養って行かなければなりません。ふざけた医師、薬剤師、管理している東松山市に当たり前の責任を取らせて下さい。重症副作用発生の経過は次の通りです。
。隠坑坑固10月に会社の健康診断で高脂血症、現脂質異常症と判定。(健康診断結果通知書参照)
東松山市民病院にてベザトールとメバロチン投薬。(投薬証明書参照)
I用2、3ケ月目位から副作用である腰痛、両足脱力、全身脱力、勃起不全、脱毛、じんましん、胃痛、喉の飲み込みの異常、ウィルス、細菌感染、頻尿、発生。
そのつど市民病院にて担当医師に症状を報告し、内科で糖尿病検査。泌尿器科で膀胱炎、尿道炎検査。耳鼻咽喉科で喉のスコープ、レントゲン検査。を実施し抗生剤投与。(尚、後日、日本医薬品集で調べたら、腰痛、筋肉痛、両足脱力、じんましんの皮膚症状が出た場合直ぐに投薬中止とある)それでも、当時私は薬に対して何の知識も情報も無く、副作用注意書説明書も渡されず、投薬され続け、排尿に腹圧をかけて時間のかかる排尿障害、重度の胃痛、全身筋肉痛、白髪、全身脱力、度重なるウィルス、細菌感染出現。そして最悪の尿閉、排尿障害、全身筋萎縮へと重症化しました。
全て市民病院の医師、薬剤師が、プロとしての慎重投与の責任をまっとうしていないから、最悪の重症副作用、排尿障害、全身筋萎縮まで進行しました。製薬会社の責任は勿論の事、これは明らかに医師、薬剤師の幇助責任もあります。
これらの経過は全てガラス張りに私の著書、「私は薬に殺される」(幻冬舎)「たった一人で国、薬害裁判に勝つ」(日本評論社)に書いてあります。全身筋萎縮から握力も半減し、現在も私は地獄の11年目のリハビリを強いられています。
司法にキチンと、この東松山市民病院の医師、薬剤師の重症副作用発生の幇助責任を分かって頂きたく陳述書を提出いたします。以上

さて人間は気力だ。俺なんて体は半分は死んでた。しかし、気力と皆さんの応援でここまで地獄の11年戦って来た。殺るぞー。いよいよ最後の詰め。国訴訟、控訴審。ふざけた埜中をキッチリぶっつぶす。二審で確定させる。そして製薬会社訴訟、市民病院訴訟は一審でキッチリ決める。代理人の先生、協力医の先生、宜しくお願いいたします。

人生を占いや宗教に頼ってる様じゃ駄目だ。男は命懸けの気力。道は自分で拓く。そして子供と大切な人を守る。聖戦軍資金、お見舞い、裁判応援宜しくお願いいたします。次回製薬会社訴訟の日程は、代理人の先生からまだ連絡と報告来ませんので、あり次第掲載します。今後も代理人の先生からの裁判報告を確認し、タイムリーに必要な裁判に行きます。軍資金を有効に活用する為です。

太宰治、生誕100年と言う事で、30数年ぶりに「人間失格」読んで見た。本当に女々しいな。反吐が出る。こんな男と心中した女の気が知れない。柳美里もそうだけど、したたかな甘ったれは胸糞悪い。弱い甘ったれ野郎は、とっとと死ね。俺にはやる事がある。男は、強く、正しく、逞しく。舐めた野郎はぶん殴る。それでも分からん野郎は刺す。男は常に強く、優しく掘れた女と子供を守る。半端な人間が、人間を舐めてると本物に殺される。
埜中、テメーは舐めてるから俺様の前でふざけたらキッチリ殺る。国側代理人、俺様の命をダラダラ、ダラダラふざけた紙切れの喧嘩しやがって、ここまで11年。もう許さねー。長引けば、長引くほど、怒りが怒りを呼ぶ。毎日ふざけた野郎を殺る事しか考えてない。11年前、何時か見てろと始めた俺の地獄の戦い。子供と大切な人を苦しめる野郎は絶対許さねー。俺の怒りが治まる時は、当たり前の金を取り、ふざけた野郎をぶん殴り土下座させた時だ。真実を鎖国、隠蔽し俺様の命舐めた野郎をキッチリ殺る。応援、軍資金待ってます。

今、ヨッシーに貰った昆布を柔らかく煮て食べてる。栄養満点だ。何時も高級海産物を色々本当にありがとう。殺るぞー。横須賀クルージング付き添いもありがとう。宜しくお願いします。行きたかった最後まで大砲は使わなかった猿島砲台。夏ヨッシーに付き添ってもらい行って来ます。此所も呼ばれた場所だ。ヨッシー付き添い宜しくお願いします。

何時も色々配達してくれるクロネコヤマトさんが、「西友いったんで本読みました」と声かけてくれた。ありがとうございます。第三弾も宜しくお願いします。昔、部下の最終報告をねっころがって受けてた男がいた。二回注意しても治らないので、三回目に俺はその男を切った。本質が分かっていない。後にも先にも側近の部下を切ったのは始めてだった。
人間は、男も女も人をバカにしている奴、騙していて本質を分かっていない奴は必ず因果応報。人の素直で正直な思い、真心、至誠、全力の仕事を大事にしなければ罰が当たる。誰もが何様じゃ無い。たかが同じ人間。昔から本物の御輿は、例えて寝ていても着替えて部下の最終報告は聞いた。役人、天下り、犬医者、犬弁護士、人間の命と人権を舐めた奴等は、酬いを受けろ。

高脂血症剤、スタチン剤の副作用判定基準の血液CPK高値。これは前出の通りに、1日から3日で最高値になる。だから全く当てにならない。ふざけた作為的な副作用判定基準だ。製薬会社は、その血液CPK数値高値の作られた安全神話を死守したい。その為に広告料減少のマスコミにデジタル放送スポンサーにもなり、必死で俺の裁判勝訴の公開を防いでいる。皆さん。こんな、半端な野郎どもを生かしておくと、全く命の為にならない。当たり前の真実を公開してます。応援待ってます。
半端もんども、グダグダ本当に安全だと言うなら法廷で飲んで見ろ。出来なきゃ戯言だ。命を舐めんじゃねぇー。俺は飲まされて夢と人生と収入、そして大切な命の時間を奪われたんだよ。ふざけんな。

【追加】
前出の通りに、何故チーム福田が、国、製薬会社、病院の三つを提訴したかを、国訴訟控訴審、証人審問前にして再度確認報告しておきます。それは、根本的に薬害副作用の責任の所在をハッキリさせる為です。まず今、刑事訴訟では、裁判員制度がスタートしました。これは司法と社会の考え方の違いを無くす為です。だから民間人が裁判員になります。じゃ医療、医薬訴訟はどうでしょうか?まだ閉鎖された判事だけによる裁判です。だから犬権威が今だに見当違いなふざけた事を言って、本質の問題を棚上げにしてるんです。

チーム福田は、まず国に重症薬害副作用を認定させ、製薬会社から損害賠償、病院から薬害副作用発生の幇助責任として慰謝料を取る訴訟をしています。これはこの国の医療、医薬裁判史上初めての裁判のやり方になります。前出の通りに、俺の重症副作用の責任は?製薬会社、認可した国、投与した医師、薬剤師全てにある訳です。そうでしょ?皆さん。しかし、国は医薬品機構の規定として、医師の過失による薬害副作用の医療費、医療手当ては救済しないとあるんです。もし国側が、俺の重症薬害副作用を医師の過失だと立証したら?それは俺の症状は、医師の過失による薬害副作用であると国が御済み付きを出した事になる。国側は逃げられない。それならば、その御済み付きを持って、製薬会社、病院から当たり前の金を取ればいいだけ。

しかし、全てガラス張りに公開した通りに、製薬会社、病院側は、ともに過失は無いと主張している。じゃ俺の重症薬害副作用が何処に責任があるのか?をハッキリさせ、当たり前の金を取る為に、三つの裁判をやっているのです。一人の年収1500万近い収入があった男が、薬害副作用に倒れ、11年間の地獄のリハビリをやって生き延びると、いったい幾らの損害賠償になるのか?それを確定する裁判でもあります。まず薬を認可した国の責任は、国訴訟一審で勝ち薬害副作用と認定された。つまりこの時点で医師の過失責任は無いとされている。これは今までの従来の法律解釈の通りです。製薬会社の責任は十分に問える。
そしてここからが新しい薬の例外的な幇助責任、法律の慰謝料解釈追求になります。医師は本当に過失が無いですか?皆さん。全てガラス張りに公開した通りに、重症副作用を発生させた幇助責任はありますよね。当時、慎重投与。現、原則禁忌のヤバイ薬の無責任投与なのだから。この幇助責任の追求、つまり慎重投与、原則禁忌のヤバイ薬の手助けの責任追求が、新しい例外責任の取らせ方なんです。

根本的な責任は製薬会社にある。しかし医師はこれまで責任は問われなかった。ふざけんなでしょ?皆さん。明らかに緊急性じゃ無く、慎重投与、原則禁忌の薬を長期に使ったんだから幇助責任はバッチリあるでしょ?今までの責任を問われなかった薬は、慎重投与、原則禁忌の薬とは違うからです。ここが重要。慎重投与、原則禁忌の薬は、医師の判断で投与する薬なのです。だからその判断や投与に怠慢があった場合は、例外として幇助責任はキチンと問えるでしょ?慰謝料は貰えるでしょ?皆さん。だからチーム福田は根本的にこの国の薬事行政を変える裁判をしているのです。

今までの医薬裁判で、国が医師の過失無しを認めるのは、慎重投与、原則禁忌以外の薬です。それらは製薬会社の責任としているからです。しかし、緊急性の場合以外の医師の怠慢による慎重投与、原則禁忌の薬の場合は全く今までの解釈では裁ききれないんです。法律の例外に当たるのです。だから幇助の慰謝料取る為に病院も提訴したのです。これは新しい責任の取らせ方ですから、今後の判例になります。皆さんが裁判員でしたら、国に認めさせて、製薬会社から当たり前の金を取り、自分の判断で投与した医師から例外幇助責任の慰謝料取らせませんか?俺ならその通りだ。これが医薬裁判の責任の取らせ方の王道だと言う判定を出す。例外に対する新しい当たり前の法の解釈をしないから、何処の責任なのか?たらい回しになるんです。だから患者は水面下で苦しむんです。

「法律は国民の生命財産を守る為にある」誰の責任なのかをハッキリさせて、そいつから当たり前の金を取る。チーム福田はその責任所在をハッキリさせる裁判をしています。だから色々金がかかるんです。無理の無い聖戦軍資金、宜しくお願いいたします。必殺仕事人のチーム福田は、命を舐めた野郎を逃がさねぇー。キッチリ責任の所在をハッキリさせ、そいつから当たり前の金取ります。応援待ってます。

これだけの長い、長い時間と、大変な知恵とリハビリしながら命懸けの体力を使い、最強の協力者と真実を証明し、勝ち取る当たり前の金。だから子供と大切な人にだけ使う。ハイエナやメギツネには一円も渡さない。そうでしょ?皆さん。そして、チーム福田当たり前に全て勝って、正しい薬害副作用患者の救済の王道確定します。ドンドンメンバーになって下さい。

今月は2日・4日・8日・13日・18日・21日にアップしてます。

以上


福田実著書 第二弾
「たった一人で国、薬害裁判に勝つ」(日本評論社)
平成20年11月5日 全国書店にて発売!





◆祝・国訴訟勝訴◆
平成20年5月22日(木)


◆国訴訟控訴審第6回公判◆
平成21年9月1日(火)午後14時00分〜
東京高裁424法廷にて開廷!


◆製薬会社訴訟第17回公判◆
平成21年7月31日(金)午後15時00分〜
東京地裁・民事50部 書記官室にて開廷!


◆市民病院訴訟第3回公判◆
平成21年7月22日(水)午後16時00分〜
東京地裁・民事35部 書記官室にて開廷!



Webマガジン幻冬舎
「たったひとりの薬害裁判」はこちら



◆薬害副作用認定裁判支援基金◆

東和(とうわ)銀行 東平(ひがしだいら)支店
普通口座 3031070 薬害副作用認定裁判支援基金

JP日本郵政 
郵政口座からのお振込
記号10340 口座番号73058301
銀行口座からのお振込
店名038 店番038 普通預金 口座番号7305830
口座名義人 福田実

※口座名義人について
東和(とうわ)銀行→薬害副作用認定裁判支援基金
JP日本郵政→福田実
になっております。お振込みの際はご注意下さい。


福田実の本気

Copyright © FUKUDA MINORU All rights reserved.
福田実 fukuda_minoru_1963@yahoo.co.jp